カフェインの効能と副作用



カフェインで不眠症対策

 

寝る前にコーヒーを飲むと寝られなくなってしまうと言う様な事を聞いた事は無いでしょうか。良く耳にするこの話ですが、本当の事なのかどうかと言うのは分かりませんよね。しかしあながち嘘ではない様です。その理由はカフェイン。お茶やコーヒーに含まれているカフェインですが、このカフェインを摂取すると身体や精神を興奮状態にさせる効果が有る為に、夜眠れなくなってしまうと言う事なのです。また、眠れなくなってしまうのはカフェインだけではなくて香辛料等の刺激物も影響します。ですから、摂取する時には摂取し過ぎに気を付けておく必要があるのです。

 

では不眠症で悩んでいると言う人は半年~1年ほどはカフェインの摂取を控える様にしてみていかがでしょうか。不眠で自律神経に障害が出ている様であればこれ以上、つまり1~2年位カフェインを摂取する事を控えてみてはどうでしょうか。ちょっとコーヒーが好きと言う人には長い事飲めないのは辛いかもしれませんが、不眠で悩んでいるよりは良いと思いますので、少し我慢して取り組んでみましょう。

 

では、カフェインの摂取をしなくなるとどうなるでしょうか。眠れなくてイライラする事も無くなりますし、眠りにつくのが早くなったり、ぐっすり眠れたりするので体調も良くなってくると思いますよ。

 

カフェインが含まれているのはコーヒーだけでは有りません。お茶や紅茶、意外な所ではココアにも含まれていますので、カフェインを摂取しないと言うとかなり厳しいかもしれません。最近ではカフェインレスのコーヒーが有りますので、カフェインレスの飲み物を探して飲んでみるとそんなにストレスが溜まらずに済むかもしれませんね。