カフェインの効能と副作用



コーヒーに含まれているカフェイン

 

カフェインはコーヒーから発見されたアルカロイドと言う成分になります。アルカロイドは依存性が多少ありますが、この成分自体身体に悪いと言う物ではないのでそんなに気にしなくても良いでしょう。

 

身体に悪いどころか昔は薬としても使われていた成分になります。アルカロイドの特徴としては熱に弱いと言います。コーヒーを飲む時は必ず豆を焙煎させて飲みますが、この焙煎中二多くのカフェインが分解されてしまうと言う事になります。つまり、深煎りのコーヒーを飲むとカフェインがたくさん分解されてしまいますので、カフェイン量は少ないと言う事になります。意外でしょうが浅煎りのコーヒーの方がカフェイン量は多いのです。

 

アメリカンコーヒーを考えてみましょう。アメリカンは浅煎りの豆を引いて湯量をたくさん使って落とすコーヒーです。よくアメリカンは薄いのでカフェインも少ないのではないかと勘違いされますがそうではなく、実はカフェインがたくさん含まれたコーヒーと言う事になるのです。ですから深煎りのコーヒー、つまりフレンチローストのコーヒーなんかは長い時間煎った豆を使って落としますのでカフェインは少ないと言う事になります。

 

稀にカフェインアレルギーが有る人もいます。また、妊娠時期等カフェインを摂取出来ない時期と言うのも有ります。そう言う人でもコーヒーの味が楽しめる様にカフェインレスのコーヒーと言うのも有りますので、探してみると良いでしょう。