カフェインの効能と副作用



カフェインの副作用

 

カフェインを摂取する事は多くの人が摂取していると思います。コーヒーやお茶を1杯飲むだけでカフェインを摂取したと言う事になるので、大体の人は毎日カフェインを摂取しているのではないでしょうか。

 

カフェインにはメリットもある為に、摂取してメリットを得ると言う方法も有るとは思うのですが、普段コーヒーを飲まない人が飲むとメリットが逆にデメリットになってしまう等、裏目に出てしまう事も有る為に注意が必要です。だからと言ってカフェインの摂取し過ぎも注意しなければなりません。

 

毎日コーヒーを3~4杯以上飲むとカフェインを毎日摂取したいと言う依存性が出て来る様になりますので、注意する必要が有るのです。カフェインに依存する様になると、コーヒーを飲まないとイライラしてしまったり集中力が無くなってしまったりしてしまう様になります。

 

じゃあ、コーヒーを飲むのが怖くなってしまうと思う人が増えて来ると思いますが、1日1杯位のカフェイン摂取なら依存にはなりませんので安心して貰って良いと思います。また依存したとしてもタバコやお酒の依存程強い物では有りませんので、自分自身でコントロール可能だと思います。

 

では、コーヒーはどういう風に飲むのが良いのでしょうか。飲み過ぎも良くない、効果を狙って急に飲むのも良くないと言うならば、毎日1杯位ずつ飲むのを目安にして身体をカフェインに慣らす様にしておく飲み方が良いのではないかと思います。そうすると効果が欲しい時にコーヒーを飲むと身体が副作用を起こさず、依存性も起きない状態で効果だけを得る事が出来る様になるでしょう。