カフェインの効能と副作用



妊娠・授乳中のカフェイン

 

妊娠中や授乳中にカフェインを摂取するのはあまり良くないと言う話を聞く事が有ると思います。しかし、コーヒー好きの人にとってはとても辛い話しですよね。妊娠に関する事とカフェインについては色々研究がされているようです。決して飲んではいけないと言う事では有りませんし、飲んだからどうなると言う物も有りませんが、コーヒーを飲むのであれば1日2~3杯位を限度にしておいた方が良いのではないでしょうか。

 

カフェインには「興奮作用」が有ります。妊娠中や授乳中にカフェインを摂取すると、赤ちゃんにはカフェインを分解して排出する為の代謝機能が大人程成熟していません。ですから長時間カフェインを体内に蓄積してしまいがちです。そうすると興奮状態が続いてしまう為に、落ち着かなくてイライラしやすい様な子供に育ってしまうと言う見解も有るようです。またカフェインには鉄や亜鉛、カルシウムの吸収を妨げてしまう働きが有ります。赤ちゃんに必要な栄養がカフェインを摂取する事で栄養がいかなくなりますので、出来れば避けた方が良いと言われている様です。

 

カフェインは、コーヒーの他にも紅茶、コーラ、ココア、お茶類に含まれています。結構毎日飲む様な物に含まれている事が多いですので、気を付けて飲む様にしましょう。妊娠中や授乳中にはコーヒーだけではなくて、カフェインが含まれている飲み物を摂取するのを2~3杯までにする様にすると良いでしょう。どうしても飲みたい時は、コーヒーならミルクで薄める等して飲む様にすると良いと思いますよ。